セールスオートメーションソフトウェア – Pipedrive、2018

Pipedriveは、より小規模なセールスチーム向けに作られた営業担当者向けの自動化ソフトウェアで、営業洞察とパイプラインデータへの安全なアクセスを提供します。

Pipedriveを使用すると、サードパーティのCRMシステムから連絡先やチャンスをインポートできます。ドラッグアンドドロップ機能を使用すると、取引を1つのステージから別のステージに移すことができ、フィルタはさまざまなセールスパイプラインによってデータをソートできます。チームメンバーまたは製品別に分かれたパイプラインの明確なスナップショットを取得して、最高のパフォーマンスを発揮する製品と従業員をすぐに把握できます。

Pipedriveの売上レポートとダッシュボードは、取引数、完了した販売活動または活動目標数も追跡します。タイムライン機能では、予測または完了した取引が時系列で表示され、配信日または導入日によって並べ替えることができます。この営業担当ソフトウェアでは、フィールドをカスタマイズして最も関連性の高い情報を表示することができます。

データの暗号化とデータベースの独立した保管によって、データの安全な保管が可能です。すべてのデータは、安全なサーバーによって継続的に暗号化され、バックアップされます。この販売ソフトウェアには、スマートフォンやタブレット上のモバイルアプリまたはモバイルに最適化されたブラウザを使用して、遠隔販売チームメンバーがアクセスできます。これらのアプリケーションを使用すると、会議メモや予定表を作成したり、連絡先を表示したり、組織を検索したり、連絡先に電話をかけることができます。また、スマートなBCCオプションを使用してメールや添付ファイルを追跡することもできます。

この販売ソフトウェアは、Google Maps、GoogleApps、GoogleDrive、Google Contacts、MailChimpと統合されており、より高度な機能を提供します。 Google Mapsアプリケーションを使用すると、営業チームのメンバーは地域別に販売ルートを計画できます。 GoogleコンタクトとGoogleカレンダーとの双方向の同期では、Pipedriveの販売ソフトウェアの内部または外部の情報を変更できます。

Googleドライブでは、契約書類やプレゼンテーション、提案書の保存が可能です。また、ソフトウェア内で新しいGoogleドキュメントにリンクしたり、新しいGoogleドキュメントを作成したりすることができます。 PipedriveはZapierを使用してWebアプリケーション間でデータを同期するため、アプリケーションの外観を更新するWeb開発者を雇う必要はありません。

いくつかの手動データ入力が必要ですが、Pipedriveは、シンプルなユーザーインターフェイスを必要とする中小企業にとっては良いソリューションです。機能の柔軟性を高めるために、外部アプリケーションとの統合を提供します。